読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり3.0

実験ブログ-WEBとシェアハウスと時々せんぺろ-

「無駄な授業は出なくていいから」と大学1年生の時に教授から言われた意味を今更ながら考えてみた

就活・新卒

「無駄な授業は出なくていいから」

 

入学してすぐ、ゼミの教授にこう言われた。その時は正直『教授が言うセリフじゃねえだろ』と思った。ちなみに学部の学長も務めていたので、「正気の沙汰じゃねえ」と心の中で苦笑いしていました。

 

なんで「無駄な授業は出るな」と言っていたのか?

f:id:im0man:20150218151818p:plain

「無駄な授業は出るな」こう言われて当時は「ラッキー!教授公認でサボれる!」と頭スッカラカンの大学生でした。だけど、当時のことを振り返って、なんでこんなことを言ってたのかを考えてみました。

 

1)大学生活を真面目に過ごすと自由が少ない

僕の場合の例で恐縮なのだけれど、当時法学部だった僕の1年生時は週5日間の開講時間の内、週4日通っていた。そしてバイトを週に3日(そのうち授業とかぶっているのが2日)だった。つまり完全に1日自由な時間は週に2日となっていました。

 

週休2日って、既に会社員じゃねえか!と入学して2ヶ月くらい経ってついに爆発してしまいました。それにその休みの2日なんて何も考えずに過ごせばただ友達と遊んで終わりになってしまいます。どうせ遊ぶなら、もっとソーシャル上とかで拡散されるレベルの遊びとかしたら良かったなーと思います。JKがダンソン!で盛り上がっているやつとかですね。

 

大学時代は意外と真面目に出ると自由が少ないんです。それに4年間あると言っても、就職活動や卒論などで実質3年間くらいと見ておいた方が良いです。だからこそ、この3年間をただただ会社員のように過ごすか否かというところを今の大学生には考えて欲しいのです。僕みたいなのがいうのもなんですが。

 

2)学部の授業だけで、将来の進路を決めるのは勿体ない

僕は法学部出身ですが、WEB会社に勤めることになりました。おそらく普通に真面目に法学部の授業だけを受けていたら、銀行や公務員の道を辿っていたような気がします。学部の授業だけで済ませると、周りの友達も同じ学部や系統の人たちだらけになりがちです。

 

だからこそ僕の教授は無駄な授業は出るな、つまり外の世界へ飛び出せと言っていたのだと思います。高校卒業と同時に働いている同級生もたくさんいる中で、多額のお金を払って大学に入学したのだから、最大限自分を高める環境に身を投じろ!と後々教授宅でご飯を振舞ってもらった際に仰っていました。

 

3)就活が重要だと思うなら尚更無駄な授業には出るな

就職活動におけるコツとして、「再現性」がよく挙げられます。何かというと、面接時に就活生が話す強みが入社してからも実際に出来るか否か?というのを面接官は見ている、というものです。

 

で、この再現性はいわゆるPDCAサイクルで語ることのできるエピソードが非常に重要です。これに関しては友人が非常にためになるブログを書いているので、そちらを見てください。ざっくりいうと、何かを成し遂げた時に、自分の考え方や動きかたはどうだったのかを理解しているか、そして次に活かすためにはどうすれば良いかと考えられているか?ということです。

僕が言いたいのは、PDCAサイクルで語れるエピソードは普通に授業を受けてバイトをするだけでは手に入れることは出来ないということです。授業を一生懸命出ましたって別に普通です。バイトも頑張ってる人はたくさんいますけど、そんなに語れるようなエピソードが手に入れれるバイトも中々ないでしょう。なぜかというと、自分で考えて動くという経験を得ることが出来ないからです。

 

だからこそ、無駄な授業は出ず、自分に投資する時間を確保して、外の世界に飛び出すべきだと思うんです。ポイントは、自分で考えて、動き、責任を取らなければいけない環境や現在の自分よりは優れている人のいる環境に身を置くことだと思います。

 

よく意識高い系と揶揄されている団体でも個人的には属しても良いと思います。彼らは人脈やなんか凄いことは結構やっているので。とはいえ、本当にうざい意識高い系になることは避けたいところですが・・・

 

さいごに

偉そうに書きましたが、僕個人の話でいくと現在の状況が成功しているとは言えません。とはいえ大学時代に無駄な授業をサボり外の世界に飛び出したからこそ、WEBの世界に興味を持ったし、大学生ながら国会議員事務所のWEB担当として給与を頂いたりといった非常に貴重な体験もさせてもらいました。そして、そこで出会った人たちとの縁があるからこそ、困っている時に相談に乗ってくれる人生の先輩も周りに居てくれたんじゃないかなと思います。

 

大学生活がまだまだある方々にはぜひ、自分のための時間を確保し、外の世界に飛び出してほしいと思います。

 

/im0man

 

ご訪問ありがとうございました!
記事がお役に立てましたらぜひ「いいね!」頂けますと幸いです!