読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり3.0

実験ブログ-WEBとシェアハウスと時々せんぺろ-

【キャベ男6日目】久しぶりの居酒屋でキャベツだけ食べてたら”友情とは何か”について考えさせられた。

ダイエット ヒマツブシ

キャベツだけの生活も今日を入れて2日となりました。いもまんです。

 

「キャベツだけって何?」という方がいらっしゃると思うので説明すると、僕は今キャベツだけで1週間生活しています。もちろん3食全てです。

 

 

きっかけは、「浅川くん」という友人の一言でした。

f:id:im0man:20150228033803j:plain

「1週間キャベツだけで生活したら"いきなりステーキ"奢ってやるよ」

 

僕「ちょwおまwキャベツだけって・・・w」

 

 

・・・僕は、飛びつきました。ちょうどダイエットもしたかったし、キャベツ生活1週間続けるだけでステーキを奢ってもらえるなんて一石二鳥じゃないですか。

 

けれど、キャベツだけの生活は苦痛の日々でした。なぜなら、お腹がすぐに空いちゃうからです。食べても食べても1時間後くらいにはすぐに空腹で頭がいっぱいになります。

 

「米をくれ、たんぱく質をくれ」

 

僕の中の満腹中枢が、叫び続けました。

 

それでも、キャベツだけでお好み焼き餃子麻婆と知恵を振り絞り、空腹を騙し続けました。

そして、キャベツ生活も残り2日となった今日。浅川くんからLINEが届きました。

 

f:id:im0man:20150228034832p:plain

「キャベツ食べれるセンベロいこうぜ」

※せんべろとは「1000円でベロベロに酔える居酒屋のこと」

 

 

『あ、ぶん殴りたい』

 

心からそう思いました。

 

 

キャベツだけで生活している奴を飲みに誘うなんてどう見ても鬼畜の所業。彼は熱々の唐揚げとか、刺身とか、いろいろと美味しいおつまみを食べれるんです。

 

だけど、僕はキャベツしか食べれない。

 

キャベツ生活の提案者である彼も、それは重々承知しているはず。にも関わらず、飲みの提案の意味が分かりません。だから理由を聞いてみました。

 

 

 f:id:im0man:20150228033803j:plain

「だって俺、ブログでしかお前がキャベツ食ってるところ見てないんだもん。信じられない。(真顔)」

 

 

 

こいつには血が通っているのでしょうか?

 

 

 

おそらく僕のことをモルモットとでも思っているのでしょう。今思えばこの時にすでに彼の様子がおかしいことには気づいていました。

しかし、久しぶりに「外食」というものをしたかった僕は、二つ返事で付いていくことにしました。(エ、Mじゃないんからネ!)

 

 

ってことで、一軒め酒場@渋谷道玄坂店に来たよ

「渋谷の一軒め酒場」に来ました。どチェーン店ではありますが、リーズナブルなおつまみの数々には定評があります。せんべろも十分出来るお店ですね。

 

なぜここにしたかというと、浅川くん曰く

 

f:id:im0man:20150228033803j:plain

「ここは塩キャベツ以外にも”味噌煮込みキャベツ”ってのがあるんだよ。」

  

とのこと、さすがの僕も生のキャベツだけを食べて過ごすのは嫌だったので、少しホッとします。

 

僕『こいつ・・・意外と優しいところあるじゃん・・・』

 

亀裂の入っていた友情が修復していくのを感じながら、さっそくメニューを拝見。さすが一軒め酒場、メニューも豊富です。

f:id:im0man:20150228040021p:plain

  

「キャベツの欄は・・・っと。」

 

味噌煮込みキャベツへの期待に胸が膨らみます。

 

f:id:im0man:20150228035739p:plain

 

へ・・・?

 

f:id:im0man:20150228040051p:plain

 

 

・・・ありません。

 

 

味噌煮込みキャベツがありません。どこにも見当たりません。

 

 

味噌煮込みキャベツがないよ、浅川くん。ねえ、どういうこと浅川くん。

 

 

僕「ねえ・・・味噌煮込みキャベツ無いんだけど・・・」

 

 

 f:id:im0man:20150228033803j:plain

「ごっめ〜ん、千葉の蒲田店にしか無かったみたいだわw」

 

 

 

・・・バキッ

 

 

友情に再び亀裂が入ったことを確認しながら、キャベツを注文します。

f:id:im0man:20150228040901j:plain

  

 

バリバリとキャベツだけを食べる僕を見ながら、浅川くんが口を開けました。

 

 

f:id:im0man:20150228033803j:plain 

 「これ、いる?」

 

 

f:id:im0man:20150228041033j:plain

※コロッケについていたキャベツの千切り

 

 

法律がなければぶん殴ってやるところです。

 

 

ここからの浅川くんはもう止められませんでした。

 

 

「この納豆天ぷら、食べる?すごい美味しいよ(笑)あっ、キャベツしか食べれないのかー」

 

 

「そういえば・・・お前キャベツじゃなくてレタス食べたりしてないだろうな?(キリッ)」

 

 

「ねえねえ〜、レタスとキャベツって何が違うの?」

 

 

「ホント尊敬するわ。おれってさ〜、毎日食べたいもん食べないと生きていけないもん!」

 

 

「今週、お前の苦しむ姿見て一番笑ったよ。」

 

 

 

 

 

 

友情(ゆうじょう)は、共感や信頼の情を抱き合って互いを肯定し合う人間関係、もしくはそういった感情のこと。 友達同士の間に生まれる情愛のこと。 しかし、それはすべての友達にあるものではなく、自己犠牲ができるほどの友達関係の中に存在する。(以上Wikipediaより引用)

 

 

友情なんて・・・”偽り”だ。

 

 

ー 帰り道

 

 

f:id:im0man:20150228033803j:plain

「いや〜、これで心置きなくステーキ奢れるよ!じゃ、おつかれ〜」

 

 

彼が副都心線の改札へ向かった後、誰にも気づかれないようにそっと、腕を噛みながら「っらぁ"あ"いッ!」と叫びました。

 

 

今何kg?

初日:89.4kg

2日目:88.7kg(-700g)

3日目:88.3kg(-500g)

4日目:87.5kg(-800g)

5日目:86.9kg(-600g)

6日目:86.6kg(-300g)

※毎日朝に測定

 

現在-2.8kg減量中!

 

 

■ ■ ■

 

これは余談ですが、その日一番ムカついたのは彼では無く、隣の席にいた飲食関連の企業に勤めているであろうサラリーマン4人組の会話でした。

 

 

「食ってさ・・・何が一番大切だと思う?じゃあ、君、どうかな?・・・味?フフッ違うよ、それはね、”バリエーション”だよ。顧客満足度が向上するために必要不可欠なことなのさ。」

 

 

 

 

 

こっちは、キャベツ一択なんじゃい!

 

/im0man

ご訪問ありがとうございました!
記事がお役に立てましたらぜひ「いいね!」頂けますと幸いです!