読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり3.0

実験ブログ-WEBとシェアハウスと時々せんぺろ-

【高知】段違いに美味いカツオを食べに行こう!:Airbnbで見つけた大自然を満喫できる宿5選

旅行 WEBサービス 高知県

f:id:im0man:20150410170133p:plain 今年のGW、皆さんはどこかへ行かれる予定はありますか?国内外問わず旅行先として魅力的な場所はたくさんありますが、僕のオススメは「高知県」です!3月〜5月が旬な初鰹を高知県に食べに行きませんか!?

先日、Airbnbで見つけた都内の貸切一軒家を紹介して多くの方に見ていただきました。ありがとうございます! im0man.hatenablog.com

Airbnbの宿は想像以上に素敵なところが多く、環境も整備されていて、中途半端なホテルに泊まるよりも断然良さそうです。GWも近いことですし、どこか別の都道府県のAirbnbを紹介したいなと思いました。そこで・・・

僕の地元である高知県を紹介します!

というわけで、Airbnbで見つけた素敵な宿をお届けしつつ、高知のカツオの美味しさをお伝えします!

[Sponsored Link]

そもそもAibnbって?

f:id:im0man:20150410125937p:plain 以前の記事でも紹介しましたが、改めて。
日本でも次第に浸透しつつあるAirbnbですが、まだ「聞いたこともないよ!」という方もいると思うので、以下に紹介文を載せておきます。

世界中の人がユニークな宿泊施設をネットや携帯で掲載・発見・予約できる信頼のコミュニティー・マーケットプレイスです。 アパートで1泊、お城で1週間、ヴィラで1か月―どんなご要望でもAirbnbにお任せください。世界190ヶ国34,000以上の街で貸す人と借りる人をつなぎ、あらゆる価格帯でユニークな旅をお届けします。世界一流のカスタマーサービスを備え、ユーザーコミュニティも着々と成長中。Airbnbは空き部屋を収入に変え、それを何百人もの人たちに紹介できる最短コースなのです。

なかなか日本人には理解し難い部分もありそうですが、年々利用者は増加しています。

[Sponsored Link]


ゴールデンウィークは高知県へ!

高知県といえば、「カツオ」「酒好き」というイメージも強いかと思いますが、まさにその通りなんです。全国的に比較して、出社時間も遅く、労働時間も短く、帰宅時間も早い。どこからどう見ても、高知県は働かない都道府県NO1の称号を得ています。
で、何をしているかというと友人・知人とまだ日も昇っているうちからガンガン酒を飲んでるんですよ!

ひろめ市場で酒とカツオを楽しもう!

f:id:im0man:20150410162447j:plain
画像の引用元:http://www.33banchi.com/project_1_hirome.html
高知駅からほど近くの場所にあるのが、ここひろめ市場です。
ここは昼間とか夜とか関係なしに飲んべえの皆さんがワイワイガヤガヤと酒を飲んでいます。夏はよさこいもあるので、余計に賑わいますし、楽しい酒をたくさん飲めます。

去年から高知県に移住しているプロブロガーのイケダハヤトさんも、ひろめ市場の楽しさをブログにアップしています。高知県の「酒を潰れるまで飲み続けるゲーム」で肝臓をやられていないといいんですけど・・・

[イケダさんの記事]
www.ikedahayato.com

www.ikedahayato.com

www.ikedahayato.com


イケダさんは、「やいろ亭」をオススメしていますが、県外の方であればちょっと並んでも明神丸の塩たたきを食べてほしいです。
f:id:im0man:20150410164617j:plain 画像の引用元:http://www.hirome.co.jp/014.html

通常カツオのたたきはゆずポン酢と専用のタレなどで食すのですが、塩たたきは、カツオの鮮度が良いと食べることが出来ません。塩たたきは県外にいるとなかなか食べる機会はないので、ぜひ食してみてください!

本場のカツオはガチで旨い!

僕は親戚に鮮魚店と漁師がいるので、たまにお願いして高知のカツオを送ってもらっています。これがほんっっとうに旨いんですよ!いくつか写真に収めていたので、紹介させてください。

f:id:im0man:20150410142147j:plain
このでかさ。これを切っていくときのドキドキ感がやばい。

f:id:im0man:20150410142126j:plain
たっぷりのタマネギをお皿に敷き詰め、ニンニクをちりばめ、そしてネギをふりかける。そして、その上からゆずポン酢と専用ダレをかければ本場のカツオのたたきが完成です。ビールが止まらなくなります。

f:id:im0man:20150410142111j:plain
たたきだけでなく、生のカツオも甘い刺身醤油と一緒に食べればほっぺたが落ちるどころか溶けます。前の方にあるのは鯛ですが、こちらもプリップリで美味しい。

f:id:im0man:20150410142030j:plain
ちょっとした祝い事の時にもカツオを振舞いました。この日はアジもありました。

f:id:im0man:20150410142008j:plain
こちらはカツオときゅうりのポン酢和えです。つまみなのにこのボリューム。高知県人はバカみたいな量の酒を飲み、バカみたいな量の飯を食べます。なんたって高知県で買うカツオは安い!

f:id:im0man:20150410141949j:plain
もう何も言うまい・・・旨し。

f:id:im0man:20150410142047j:plain
これは、高知県のトマトです。高知のトマトは甘くて美味しく、ほとんどフルーツです。

Airbnbの素敵な宿に泊まろう!大自然を満喫できる宿5選

ということで、「高知県もありかもな〜」と思って頂いた方は、ぜひ宿泊施設はAirbnbを検討してほしいんです!まだ高知県にはAirbnbの宿数は少ないですが、「これは素敵!」と思った宿を紹介します。

1.一軒丸っと貸切の高台エコハウス!

f:id:im0man:20150410165117p:plain Kōchi-shiの高台エコハウス♪お風呂まで浄水!free wi-fi&自転車有

1泊5,800円、中心部まではバスで10分ほど。壁がヒノキとタイル貼りというなんともナチュラルテイストな一軒家です。ベランダからは海へと続く入江が見えるそうで、高知の自然をたっぷりと味わえる場所となっています。もちろんWiFiやレンタルサイクルも完備です。

2.庭の釜戸で野外料理も楽しめる広々一軒家!

f:id:im0man:20150410165656p:plain Kōchi-shiの和室。高知駅から車で約20分で山の中!5人家族が暮らす広い庭の一軒家。

1泊6,000円。オーナーは2015年4月から横浜から移住してくるそうです。庭がとっても広いらしく、そこには地元のおじいちゃん、おばあちゃん、そして子供達が遊びにくるそうです。昔ながらの家屋から漂う情緒も楽しみつつ、高知の人のあったかさも体感してください。

3.日本最古の清流、四万十川河口の秘湯を満喫!

f:id:im0man:20150410170133p:plain Shimanto-shiの四万十川河口絶景の秘湯 (natural hot springs)

1泊6,500円、中村駅から車で15分。中心部からは遠い場所にありますが、日本最古の清流である四万十川河口にある秘湯が何よりもオススメです!夜も幻想的で素晴らしく、カップルに来てほしいですね。

4.山の暮らしを体験!心が豊かになる一軒家!

f:id:im0man:20150410170933p:plain 吾川郡いの町上八川丙の山暮らし体験!自然がいっぱいリラックスできる山の中の一軒家

1泊10,00円、移動には車が必須です。高知県の森林占有率は80%以上と、森や木々と共に生活していると言っても過言ではありません。この家では森林浴を常にしていられるような環境ですので、都会の喧騒によって疲弊しきったあなたの心を癒してくれること間違いなしです。

5.綺麗な海まで歩けるマンション!

f:id:im0man:20150410172133p:plain Tosashimizuのonsen and surf paraside

1泊16,500円。高知県は森林占有率も高いですが、太平洋に面していることもあり海と共にも生きています。このマンションから、歩いてすぐのビーチは人はあまりいず、まるでプライベートビーチのような感覚で過ごせそうです。

[Sponsored Link]

いざ、高知県へ!

いかがでしたか?「旅行先に高知県も加えてもいいかな〜」と思って頂けば嬉しいです!カツオの旬は今を逃すと次は9月の戻り鰹になるので、ぜひ今年のGWは高知県にカツオを食べに行ってみてください!
ちなみに、高知県でAirbnbを実施しているところは紹介した通りまだまだ少ないので、参入するにしても今が狙い目かもしれませんね!

/im0man@ゆとり世代

ご訪問ありがとうございました!
記事がお役に立てましたらぜひ「いいね!」頂けますと幸いです!