読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり3.0

実験ブログ-WEBとシェアハウスと時々せんぺろ-

【シェアハウス会議】ついにシェアハウスで喧嘩勃発(2015年7月度)

f:id:im0man:20150806145950j:plain 8月に入ったこともあり、先月度のシェアハウス会議について書いていこうと思う。
ただ、今回のシェアハウス会議の話については正直、「知らんがな」と思われてしまうかもしれない。(いつもだけど)
そう、ついに共同生活で最も恐れていた住人同士の喧嘩が勃発したのだ。

シェアハウス会議の目的(再掲)

まずは、喧嘩勃発という胸クソ事件に入る前に、いつもどおりのシェアハウス会議の目的から話していきますね。
シェアハウス会議は毎月1度住人間で実施しているのですが、目的としては主に不満解消・近況報告・お金の清算の3つです。特に不満解消とお金の清算は必須ですね。

2015年7月度の近況報告-復職・JDと合コン・部屋掃除-

復職の7月

7月度は、僕自身の環境が大きく動きました。僕がこのブログをやり始めたキッカケは会社を休職したことでした。ブログを書くことで、ストレス発散したり、自分自身を振り返るツールとして使ってきました。
そんな休職をした僕ですが、晴れて7月より会社に復職するに至りました。他の環境へ身を移すことも考えたりしましたが、色々と考えた結果、復職がベストだろうな、という結論に至りました。これに関しては、改めて書きたいと思います。

JDと合コン

さて、いきなりですが、先週日曜日にJD、つまり女子○学生と合コンをしました。「休み明け早々何してんだこのやろう」という声も知り合いから言われたんですけど、「市、市場調査です。」と呟いておきました。
このJDとの合コンですが、ぶっちゃけ3月まで高校生だったという、もはやただの犯罪なんじゃね?と震えましたよ。この間までJKっすよ・・・。ぼくがDK〈男子高校生)の時はJSですよ・・・。ただのマイケル・ジャクソンじゃん・・・。

話とか合うのか?という不安にも駆られていましたが、なかなかどうしてよく笑うリアクション最高の子でした。やっぱりマッチングアプリとかを普通に使っちゃう世代だからか、初対面の人への対応とかも慣れてんのかな~とか思いました。
とりあえず、合コン後に一緒に行った後輩に、今日の合コンどうだったかという探りを幹事の女の子にリサーチさせたら「いもまん(僕)、ちょっとピエロだったよねw」という胸クソ返信が送られてきて、普通に凹みました。復職したのに人間不信なるわ。

汚い住人の部屋を掃除

f:id:im0man:20150806152130p:plain このきっっったない部屋ですが、これは同じ住人の部屋です。やばくないですか、これ。彼は「Mくん」というのですが、帰宅するとすぐに着ていたものを全て部屋に撒き散らします。
そして、一応洗濯はするのですが、干して乾かした後、全て床に撒き散らします。
さらに、使ったコンタクトレンズの液、ワックス、飲食類、全て床に撒き散らします。

混沌とした6畳の和室で、彼は特に嫌な顔もせず毎日睡眠を取り、朝は「っしゃあッ!」と小声で気合を入れ、凛とした表情で会社へと出勤していきます。


何が「っしゃあッ!」なの?



気合が入る意味が全然分からないですし、隣の部屋の僕と住人のAくんはストレスが溜まっていました。なぜなら、今はもう夏。こんな汚い部屋からは「奴」が出てくる可能性があるじゃないですか。地球上で、恐らく最も生命力に満ち溢れた生物が。

てなわけで、僕とAくんで、彼の誕生日である7月27日に部屋を掃除してあげることにしました。ただ、困ったことに捨てるべきものと、捨ててはいけないものの区別がつきません。
だから、以前キャベツダイエットをした時に、全てのルールを作ってくれたAくんに委ねることにしました。

僕「ねえねえ、いくら断捨離中心に掃除していくっていっても、やっぱり捨てちゃダメなものとかあるんじゃない?だからルール決めとこうよ。会社のものは捨てないとか。」

f:id:im0man:20150806153615j:plain
Aくん「目に入るもの全てゴミだよ?」


躊躇(ちゅうちょ)
恐らく僕が社会人として最もダメだったところは、「何にでも躊躇してしまう」ことだったのだと気付かされました。彼のお陰で。

躊躇という呪縛から解き放たれた僕達は、ガシガシ捨てて行くことしました。


僕「これは?バーバリーのハンカチ高そうじゃない?」

Aくん「ゴミでしょ?捨てていいよ。」

僕「これは?シャツの肌着とかビジネスソックスとか会社にも着ていくんじゃない??」

Aくん「きったね。捨てていいよ。」

僕「これは?なんか仕事で使ってるノートっぽいけど・・・」

Aくん「なにこれ、こんなに利用価値が無いノート始めてみた。捨てていいよ。」



こんな感じで、ガシガシ捨てていくこと3時間。なんということでしょう。

f:id:im0man:20150806154240p:plain ものがごちゃごちゃして、汚かった彼の部屋が必要なものしか置いていないシンプルな6畳の和室に生まれ変わりました。
モノを捨てるって、勇気がいるけれど、Aくんのお陰でMくんも大満足でした。いいことした後って凄い気持ち良いですね。


f:id:im0man:20150806154559p:plain
翌日捨てたゴミ袋の中からバーバリーのハンカチ、財布、靴下、ノート、コンタクトレンズなどを回収するMくん。

2015年7月度の反省点-喧嘩勃発-

今回の反省点はこの1点のみです。先月度は「罰金制度」なるルールを作りました。掃除をしない、靴をだしっぱなしにしない、食器を出しっぱなしにしないなどの当たり前のルールを破ったものは300円というものです。
そのルールを破った人がいまして、それがMくんなんですが、掃除当番をさぼっちゃったんですね。
まぁ、ぶっちゃけ僕としては「やっとけよ~」と伝えて、ちゃんとやってくれるのを待とうとしたんですが、一人だけ結構怒っちゃったんですよね。
で、怒るのは問題ないんですよ、ぶっちゃけ。やってない人が悪いので。ただ、怒り方が悪かったというか、簡単にいえば「無視」しちゃったんですよ(笑)

ええ、ええそうです。わかります。「女子中学生か!」っていうご意見ですよね。全くもってその通りです。共同生活をしている中で、無視は流石にまずかった。周りも気を使ってしまうという最悪の雰囲気ですよ、ほんと(笑)

しかも期間も10日くらいというちょっと長め。最終的には仲直りしましたけど、やっぱりシェアハウスで一番危惧していた喧嘩は起こってしまいました。

今後、シェアハウス内で喧嘩が起きないように、お互いもっと広い心で接する必要がありますし、掃除に関してはちょっとルールの見直しをしたほうがよいなという結論になりました。それはまた来月にでも。
それにしても、久々に冷や汗を流し続けるという経験をしました。大変だな~シェアハウス。

まとめ

7月度は復職したり、合コンしたり、汚い部屋を捨てたりと色々とありました。そして、シェアハウス内での喧嘩はなかなかややこしいなというのも凄く実感しました。我慢しすぎるのは良くないのですが、共同生活をする以上、他人と自分は違うという当たり前のことを理解して、少々のことには目をつぶる、という心の広さも大切になりますね。。
さて!次回は8月版!復職してからの状況もお伝えしつつ、水光熱費などがいつもよりもかかる時期になるので、シェアハウスの生活費事情なんかをお届け出来ればと思います!

/im0man

ご訪問ありがとうございました!
記事がお役に立てましたらぜひ「いいね!」頂けますと幸いです!